公演・イベント

兵庫県立ピッコロ劇団「かさぶた式部考」公演

開  催  日 2017年9月24日(日)
開場時間 13時30分
開演時間 14時00分
終演時間 16時00分(予定)
会   場 大ホール
料   金 【全席自由席・消費税込み】

友の会 一般 高校生以下
2,000円 2,500円 1,500円

 

チケット販売日
好評発売中

 2014年に公表を博したピッコロ劇団のこの舞台を、今回相生市でも公演することとなりました。
「近松心中物語」をはじめ近代演劇を彩る数々の傑作で知られる劇作家・秋元松代の重厚なドラマに、演出家・藤原新平(文学座)の力を得て公演いただきます。
本作品が材とする「和泉式部伝説」は全国各地に伝承されており、「和泉式部宿り木の栗」の伝わる相生市若狭野も、その地の一つです。和泉式部にゆかりのある相生市での公演へ、ぜひ足をお運びください。


「和泉式部伝説」とは


和泉式部の伝説は、東北から九州までの広い範囲に、数多く残っている。それは式部自身の恋多き生涯から多くの伝説が生まれ、それが中世、遊行の女性たちによって各地で語られたためであろう。またこうした女性遊行者が、「和泉式部」を名乗って、式部の伝説や古跡を残したという考えもある。
柳田国男は、式部伝説がこのように多いのは「これは式部の伝説を語り物にして歩く京都誓願寺に所属する女性たちが、中世に諸国をくまなくめぐったからである」と述べている。
このことはまた、世阿弥の作と伝えられている謡曲「誓願寺」で、和泉式部が「歌舞の菩薩(ぼさつ)」として描かれ、後に芸能の世界の人々に和泉式部信仰が生まれたことと無縁ではないだろう。

※兵庫県立歴史博物館ネットミュージアム 兵庫歴史ステーション
ひょうご伝説紀行 -語り継がれる村・人・習俗― 関連情報 用語解説
(http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/historystation/legend/html/term/term_a.html)

 

 

 

チケット発売所  相生市文化会館 特設窓口
※ 本公演はインターネット、電子チケットでの購入は取扱いしておりません。
お問合せ  相生市文化会館 TEL:0791-23-7118  FAX:0791-23-7175

公演・イベントPerformance・Event

  • イベントカレンダー

  • 会場別イベントカレンダー